出版図書目録.


政治・法律
『政治学の扉──言葉から考える【増補第2版】』

明治学院大学法学部政治学科 編

四六判並製/432頁/本体1600円+税

政治学の入口でとまどう君。この扉を叩く者には開かれる!
豊穣だが複雑で、迷路のような政治学ワールドを探究するのに役立つ24のキーワードを丁寧に解説。

ISBN978-4-86258-138-9

【目次】
第1章 自由と権力(添谷育志)
 はじめに
 一 「自由」という言葉について
 二 「自由」の概念的転回と歴史的変遷──二〇世紀まで
 三 現代的「自由」概念への転回と歴史的展開──二〇世紀以降
 四 権力論の思想史的背景
 五 権力とは何か
 六 権力の同定と測定──アメリカ政治学の挑戦
第2章 平等と専制(熊谷英人)
 一 古代ギリシア
 二 モンテスキュー
 三 「合法的専制」──フィジオクラットとイデオローグ
 四 ナポレオンと「専制」
 五 トクヴィル
 六 トクヴィル以後
第3章 国家と国民(畠山弘文)
 はじめに
 一 第一の国家の誕生──初期国家までのヒト社会
 二 文明後の国家の歴史──帝国史からヨーロッパ国家史へ
 三 第二の国家の誕生──近代国家の成立とその特徴
 四 「動員国家」としての近代国家の完成
 五 「現代国家」のゆくえ?
 六 国民国家における国民の起源──「国家N」としての近代国家
 七 想像の共同体としてのネーション?──その起源と形成
 最後に──ヒトにとって国家とは何か?
第4章 政治参加と政治文化(中谷美穂)
 一 政治参加とは
 二 政治参加拡大に関する相対する見方
 三 市民の態度、価値観、行動
 おわりに
第5章 選挙制度と政治代表(久保浩樹)
 はじめに
 一 選挙制度
 二 政治代表
 おわりに
第6章 政党と圧力団体(渡部純)
 一 政治の中の団体
 二 政党とは何か
 三 政党システム
 四 圧力団体の政治
 五 日本の政党システムと社会的利益の統合
第7章 政府と行政(毛桂榮)
 一 「政府」と「行政」:用語と概念
 二 政府の構造
 三 政治と行政の関係
 四 行政国家における官僚制役割の変容
 五 終わりに
第8章 世論とメディア(佐々木雄一)
 一 世論
 二 マスメディア──現代日本を中心に
 三 インターネット・ソーシャルメディア
 四 二〇一〇年代以降の政治と世論とメディア
第9章 公共と市民(鍛冶智也)
 はじめに
 一 公共とは何か
 二 市民とは誰か
 三 公共と市民の政治学
第10章 政策と市場(西村万里子)
 一 政策と市場の概念
 二 公共政策の動向
 三 市場・政府の機能と公共政策の役割
 四 公共政策の改革事例──規制緩和と市場原理の導入
 五 公共政策のあり方──市場原理の活用と政府による規制の役割
第11章 戦争と平和(葛谷彩)
 はじめに
 一 初期近代:一六〜一七世紀
 二 近代(1):一八世紀
 三 近代(2):一九世紀
 四 現代(1):二〇世紀
 五 現代(2):二一世紀
 おわりに
第12章 国際社会と国際組織(池本大輔)
 一 国際社会
 二 国際組織
 三 国際社会を超えて

(2021年3月24日刊行予定).

 


!すべての文章・画像の無断転載を禁止します。!


Copyright 2003 風行社 All rights reserved.
.
. 風行社トップページへ
.
.
.